読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路になったおいわいに

女が四十をむかえるとき。それはなにかのおわりでもあり、はじまりでもある。

思考

ジャスティン・ビーバーのWhat do you mean?が恋愛脳すぎて

ソフトバンクのコマーシャルで流れてるやつ。 いままでジャスティンビーバーって興味なかったんだけど、あのコマーシャルみたら声もいいし、超モテまくってるオトコのオーラが半端ないし、やっぱスターだなって。今時の、世界的なビッグスター。 世界中のギ…

本を読むことを褒められてもピンとこない

「小説を読むのが好き」と言うと「すごい。私は本なんてほとんど読まないから尊敬する」と返ってきて困惑することがある。 私からしたら貴方が最近はまっているというヤママユガ飼育のほうがずっとハードルが高いし、子供の情操教育にもよさそうだし、何より…

育児に一番必要なものは体力

1に体力 2にお金 あとは家族の協力とか環境とか。 とりあえず育児は体力があればなんとかなる。 逆に言えば、体力がなければ詰むって話。 私は35で出産した。もともと体力があるほうではなかった。 運動は苦手だし、筋肉もないし、やる気もない。 そんな人間…

ありがたずれてる

去年毎日飲んでいた麦とホップを今年から断ったわけですけれども。 断酒というほどの強い気持ちではなく友人との新年会では飲んだしイベントに出かけて地ビールなんかがあれば飲みます。 言わば節酒。 お酒を飲む習慣をやめたら忘れてたことがあった。それを…

息が詰まる

この部屋は息苦しい 何をしても何をみても聞いても夫に監視されているようでテレビでは延々と野球中継の音が流れわたしの思考とはお構いなしに雑音であふれる室内にたえられなくなる ひとりになりたいのにひとりになりにいくのが面倒で身体が動かない 眠るの…

愛に失敗した人生だった

恋はできた。むしろ恋は得意だ。惚れっぽい。しかし愛はだめだった。恋が愛に変わることはなかった。恋が終われば、ああそういえばむかしここに恋した時間があったねという墓標しか残らない。その墓標は影をつくり、暗闇にこころが占められていく。太陽は沈…

もう誰の世話もしたくない

自分の身体だけでも管理が面倒だというのに我が家の男達は誰も他人のために動こうとしないどころか自分のこともろくにしないもうこんな生活いやだ逃げたい誰も知らない場所で誰とも関わらずに生きたくなる離婚はとうに考えた言葉にしても夫は真に受けないだ…

閉経まであと何年?

月のものでおなかがいたい。人生のうちあと何回、この痛みと向き合うのだろう。 一年に12回として、これまでおよそ25年分。 ひえー、もう300回くらい経験してることになるのか。 閉経って何歳くらいなんだろう。もう機能を使うことはないので終わってくれて…

人気子供YouTuberを見て「トゥルーマン・ショー」を思う

一般人の子供が出てきてオモチャやアプリを紹介するチャンネル。彼ら人気Youtuberの収入はものすごく多いらしい。そうなるともう「一般人」というくくりではなく、もはや芸能人と肩を並べるほどの有名人なのだろう。 その中でも「かんなとあきら」という人気…

パスタ欲が爆発

PMS期になると、どうしようもなくある欲求がわき上がる。それはパスタに対する欲求。パンやうどんではおさまらない。デュラムセモリナ粉のつるっとしたパスタ麺でなければ満たされない。 ソースはペペロンチーノもボロネーゼでもたらこでもいい。ただ、粉チ…

化粧がマナーって、一体誰に教わるものだろう?

成人女性が化粧することは一般常識。私がそのことを知ったのは成人してからずいぶん年数を重ねたあとだった。誰も教えてくれなかったから。すっぴんの私に面と向かって「化粧はマナーだ」と言う人がいなかったから。たまに「もしかして、すっぴん?」と聞い…

はてなブロガーにありがちなTwitterの流儀

開設以来アホみたいに記事を書いてるのですがほとんど誰も来ないことに戦慄し、Twitterはじめました。 ツイッターユーザーネームに「はてなブログ」とついている人を片っ端からフォローしたのです。 おかげでタイムラインは、ほぼはてなブロガーで埋まってい…

太っていてもいい、わけがない

ここだけの話、この十年間で20キロ近く太った。運動をしない、食べてばかりいる、因果関係はこの上ないほど明確だ。 不覚にも写真に写り混むと、自分のあまりの大きさに驚く。顔の大きさが周りの人の二倍くらいある。腕も胴体も何もかもがぱんぱん。二重どこ…

私が煙草を一切吸わなくなった理由

私が煙草を初めて吸ったのは22歳くらいのときで、きっかけは夜のアルバイトを始めたら周りの女の子がほとんど煙草を吸っていたからだった。そのバイトで接客スキルの低さを痛感し、昼の仕事に切り替えてからも喫煙の習慣はゆるく続いていた。二十本入りの煙…

お先真っ暗。

月に一度の、何もかもつまらない時期が来てしまった。 見聞きするものすべてがイライラを刺激する。 すごく耳触りのいい言葉だけを並べてるのをみて「偽善者」とか、やたら「アウトプットとは」などと言っている意識高い系のブロガーにイラッとしたりとか。 …

ブログが生きざまと繋がっている人の言葉は強い

行動するのは、むずかしい。 声に出すのは、はずかしい。 だけどブログに書くだけならなんとでも言える。 以前よく見ていたとあるブログ。 その人ならではの主張や語気が強いのが特徴的で、テーマとしては人生を楽しもう、自分を好きになって他人を許そうみ…

【生理話注意】断酒をしたら月経過多がマシになった体験談

生理話注意です。 私はもともと生理の量は普通~ちょっと多いあたりでした。他の人と比べたことはないので自己判断ですが。 年齢にして30代後半~40代あたりからでしょうか、出血がものすごく多くなる月が続いていました。 どれくらい多いかというと、タンポ…

ゴールデンウィークを楽しめる大人になり損ねた人生

私も夫もフリーで在宅の仕事をしているため、ゴールデンウィークはほとんど関係ないというか、最近は仕事自体少ないために毎日が夏休みというか。 子どもだけです。いつもとちがって連休なのさ。 どこかに行くといっても、普段平日に行けるしわざわざ混雑し…

けものフレンズとしまじろうの共通点

CGアニメでぬるぬる動く 動物が服を着て喋る お互いの良いところを誉め合う 私自身は、子どもの頃にしまじろうアニメを見たことがありません。調べてみるとしまじろうのアニメが初めて放送されたのが1993年。当時私は16歳だったので、子ども時代をしまじろう…

夫 うるさい しんどい

こっちは声が出ないっていうのに やたら話しかけてくるし 思い通りにならないと怒鳴るし すこしでもミスをすると怒鳴るし 子どもに対してもキレるし ほんっとに ギャーギャーギャーギャー うるさい 夫がいない世界に行きたい あのときもそうだった 私はそれ…

魅力的な人の引力にやられる

たっぷり寝たおかげか、今朝はとても夢見が良かった。 夢の内容を書きだしたところで、見た本人しか面白いと思わないだろうけど、記念に書いておく。 恋をする夢だった。 相手はとある男性芸能人。 プレイボーイとして有名なその人とたまたま仕事で一緒にな…

子どもの朝ごはんが連日ドーナツでもいいじゃない

うちの子、かなり偏食で食が細い。 たくさん動いた日の昼や夜はそこそこ食べるけど、朝はほとんど食べない。 わたし自身が子どもだった時代にはあまりきかなかった「朝ごはんはしっかり食べよう! 子どもは特に!」というザ・正論が耳に痛い。 朝からせっせ…

老いがきゅうにこわくなりはじめる

OKK。今年は花粉がそうでもないな! と思った矢先にアタックが来た。 目のかゆみ、鼻喉にまつわる諸症状。 地味に困るのが喉もやられて声が出ないこと。 老嬢は今日も上機嫌 (新潮文庫) 作者: 吉行和子 出版社/メーカー: 新潮社 発売日: 2011/01/28 メディア…

あこがれだった部活動

今週のお題「部活動」について、書いてみたい。 わたしは部活動をろくにやったことがない。中学、高校、いずれも美術部とは名ばかりの帰宅部同然のゆるいところに所属していた。 しかしわたしにはひそかに憧れている部があった。それは吹奏楽部。 吹奏楽に、…

あきれるほどにそうさ音痴そう、わたしも

夫はよく家のなかで歌を口ずさむ。 夫の歌は音程が外れている。 途中まで合っていても、ふとした部分から外れてそこからキーが変わる。 予測できないメロディの上下。 ある日、意を決して夫に告げた。 「音、外れてるよ」と。 夫はとくに傷つく様子もなく「…

恋はしなくとも夢をみていたい

わたしには夢がある。 いつか本を出版したい。 そんな夢。 十年以上まえ、はじめてインターネットにふれたときにわたしはすごく興奮した。 いろんなところにいる、いろんな人の考えをこうして読むことができるなんて! って。 それは本よりも刺激的で、テレ…

声が枯れてしまったのでロボットになりたい

昨日の寝不足がたたって、声が枯れてしまった。声を出すのに、睡眠不足はいちばんいけない。毎朝はやくからハキハキと喋り続けているアナウンサーはすごいなぁ。日替わりだったらまだしも、ほぼ毎日でしょう。すごいなー。 声が出なくなると、なにかを言おう…

女性用マスクを買ったら小さくて絶望した

春ってみんな言ってるから春なんでしょーよー? とばかりに冷たいものばかり食べていたらお腹をこわしました…る 春にこだわるのは春に生まれた女だからでしょう。きっと。 自分が出生した季節をよほど嫌いなひとなんて、あまりお目にかかったことがないです…

もしもし春? いまどこ?

寒くてピクニックどころじゃないわねー。いつ来るのかしらね、春は? 暖かいとみせかけて風がピューピュー吹くようなツンデレな気候は春とは呼ばないのよ。もっと激甘に甘々なポカポカ陽気しかわたしは春とは呼ばないわ。 道行く人すべてが敵に思えるわ。あ…

まだ借金で消耗してるの? なんていわれたらどうにかなってたな

十年前の自分と比べてなにが一番変わったかというと、借金がなくなったこと。 二十代後半から生活費で重ねた借金で首が回らなくなったわたしは債務整理をした。 弁護士と会って話すのはこわいから、ネットで依頼できるところにメールで相談して、電話のやり…

個人のアウトプットはそう簡単に誰かのインプットに足り得ない

ブログを書くことはアウトプットでしょうか。SNSはどうでしょうか。そもそもアウトプットとはなんでしょうか。表現でしょうか。創作でしょうか。 わたしとしては、ブログを読むときの気分は、新聞や雑誌をパラパラとめくっているのに近いです。斜め読みとい…

現実逃避としての睡眠

はぁ、参ったわ。全然眠れない。完全に昼夜逆転よ。 ことの始まりは、数日前からの体調不良。頭痛が続いているかと思ったら微熱、目眩、吐き気。なんなの、これ。更年期障害かしら? それで、昼間は時間が許すかぎり眠っていたのよ。延々と。ほんの三十分の…

おばちゃんならではのコミュニケーションスキルを持たないおばちゃんもいるのだ

おばちゃんはコミュニケーション能力に優れている。話しかけやすい。壁を感じさせない。親しみを持てる。よく笑う。陽気。 自分もおばちゃんになったらそうなれるのだと思っていた。だけど無理だった。素質がなかった。手本にしたくなるような人物もいなかっ…