読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

四十路になったおいわいに

女が四十をむかえるとき。それはなにかのおわりでもあり、はじまりでもある。

ありがたずれてる

去年毎日飲んでいた麦とホップを今年から断ったわけですけれども。

断酒というほどの強い気持ちではなく友人との新年会では飲んだしイベントに出かけて地ビールなんかがあれば飲みます。

言わば節酒。

お酒を飲む習慣をやめたら忘れてたことがあった。それを今日おもいだした。

かたくなに麦とホップばかりを飲み続けていた理由。

日本酒とか、焼酎とかブランデーとかワインとかウィスキーその他リキュール類を飲むと、めっちゃ落ちるの。ダウナーなきもちになるの。

麦とホップにもリキュール類は入ってるらしいけれどもね、発泡酒ですらないアルコール飲料だったよね、確か。でも麦とホップだとダウナーにはならずに、パァッと楽しくなるんだよね。一瞬。マリオのスターをとったときみたいに無敵の気分。

他のビールや発泡酒はよくわからないけど、わたしにいちばんあっていたのが麦とホップだった。といっても月のものが重くなっちゃったから結果的にお酒全般が身体にはあわないんだけども。

 

なぜそれを思い出したかというと、「夜のtea」っていう紅茶のお酒を飲んでダウナーになっちゃったから。

紅茶とブランデーとラムがブレンドされてるお酒で、ロックにしたり牛乳で割ったりして飲むんだけども、味は普通だった。とりたてておいしいわけでもなく、おいしくないわけでもなく。

わたしが節酒してるのを知りながら、夫が買ってきちゃったんだよね。ちなみに夫は全然飲めない体質。よかれとおもってわたしに買ってきてくれたらしい。ありがたいけど、ずれてるんだよね私達。

私が毎日毎日麦とホップを1缶飲み続けていた頃はちくちくと嫌味というか注意ばかりしてきてさ、節酒したらしたでお酒を買ってくるの。なんなんでしょうね。私達は一生わかりあえることはないのだと思う。

紅茶のお酒 夜のティー 500ml