夫が出会い系で浮気してたけどどうでもいいや

子あり四十路女。若い女の子に目がない夫と冷めた生活を継続中。

汚い自分が邪魔をする

自分をどれだけ好きでいられるか。人生を楽しむ基盤はそれに他ならぬ。

私は私が嫌い。

家事や育児を楽しんでやれないこと、夫への不満を態度に表しすぎてしまうこと、内面のみならず外見もどんどん醜くなっていくこと、すべてにおいて嫌い。

一度でも嫌な自分を具現化してしまったら、もう元には戻れない気がしている。例えばひどいケンカをしたとする。相手が許してくれたとしても、ひどい言動がなかったことにはならない。消えないインクで押したスタンプのように永久に人生に汚点として残る。例えばひどく太ったとする。そのあといくらダイエットして見違えるようになったと言われようとも、一度『デブな自分』を具現化してしまった事実は変わらない。

そういうことを運転中に延々と考えてしまって意識が飛びそうになった。

どうして私は自分をずっと好きでいられるような努力をしてこなかったんだろう、と人生レベルの後悔がおそってきて足をとられそうになった。破滅的であればあるほどかっこいいと思っていた過去の自分まじファック。そこは崖っぷち、その先には絶望しかないのにね。