夫が出会い系で浮気してたけどどうでもいいや

子あり四十路女。若い女の子に目がない夫と冷めた生活を継続中。

他の客が返品した牛丼がまわってきたら

子供がどうしてもお子様すきすきセットのおもちゃが欲しいというのですき家に行った。

大人はすき家の気分じゃなかったので子供のだけテイクアウトで注文。

休日のお昼時だけあり客も多く、かなり待つ。

待ち時間に、ある女性客が入ってきた。すき家の袋を手に下げている。そして店員に

「お子様すきすきセットの持ち帰りをカレーライスで注文したのに牛丼がはいっていた」と告げた。

注文違いで入れられた手付かずの牛丼は返品。カレーライスを作り直すことに。

順番的にそれは最優先で実行され、女性客は注文通りの品を手に店を出ていった。

カウンターのなかはずっと大わらわで、厨房のスピードもなかなか注文に追い付かない様子。

横一列にずらりと並ぶ注文伝票。その一枚を見て、店員が厨房に告げた。

「●番のセット、これ、あるから。リンゴだけお願い」

そう言って先ほどの女性客から返品された牛丼を袋に詰める。

おいおいまさか。

このあたりで不安がよぎった。

いやいやまさかね。

普通に、一部始終を見ていた客の前でそんなまさかね。

 

「お待たせしました。お子様牛丼すきすきセットです」

 

あー。

こういう嫌な予感ばかり当たるのなんでかな。

 

ここは言うべきか。

『これさっきほかのお客さんから返品されたものですよね。イヤなんですけど』って?

そもそも何がイヤなのか?

気分的に…だろうか。

もしここで拒否したら、この牛丼はどうなるだろうか。廃棄?それとも店員がまかないとしてでも食べる?

 

あなたならどうしますか。

 

私は…

すごく、拒否したかったんですけど、やめました。面倒さ半分、あきらめ半分といった気分でそれを受けとりました。

衛生面でどうかなとも思うけど、さっきの女性客、見たところ自分と同じような小さい子供のお母さんで、普通に清潔そうだったし。件の牛丼もまだ完全に冷めきってはいないようだし。と自分に言い聞かせながら。

あとからすき家にクレーム入れるのも面倒でしていません。まぁ、こうやって人目に晒されるところに書いちゃってるけど。

 

しかし何だな、あれだけ目の前で、大きな声で横流しするってのは、もしかすると店員は全く悪気がない可能性が高い。

こちらもそれに驚いて何て言えばいいのか分からなかった感は、ある。

「そうですけど、それがなにか?」って返されたら、嫌な理由を並べ立てなければならず、モンスタークレーマーになりかねない。

 

忘れようって決めたのに思い出すとやっぱりもやもやする。

 

問題の牛丼、いつも少食な息子が不穏な空気を察してか珍しく完食してたのが泣ける。