夫が出会い系で浮気してたけどどうでもいいや

子あり四十路女。若い女の子に目がない夫と冷めた生活を継続中。

ルーズソックスを履きこなせなかった私と安室ちゃん

映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』が気になっているが見に行けないままでいる。

90年代に高校生だった女友達グループの話。監督は「モテキ」の人。女性たちの現在は四十代で、高校時代に流行した音楽がガンガン流れるらしい。モテキでもガンガン流れてた(そして楽しかった)からああいうノリなんだと思う。四十路といえば自分にとってはまさに世代的にはドンピシャ。楽しそう、と一瞬思ったが高校時代の彼女たちがルーズソックス、ミニスカートの制服、ガングロ、といわゆる「コギャル」っぽいのを見てブレーキがかかった。

私はルーズソックスには縁遠い高校時代を過ごした。高校に入りたての頃は周囲のルーズソックス率はさほど高くなく、学年でも有数のおしゃれな女子が履いているくらいだった。だが日に日にルーズソックスは田舎の女子高生にも流行しはじめた。やがてルーズソックスを履きこなす女子がクラスにもちらほら見られるようになり、そういう子たちは制服のスカートもいつのまにか膝上まで短くして最先端を行くのだった。オシャレに興味があって、スタイルが良くて、男子とも明るく話せるようなイケてる女子。対して私は今でいうところの陰キャであり、オシャレへの志が低いイケてない女子だった。というか、過去形ではない。今でもずっとイケてないクソダサおばさん。

なんだか連綿と続くイケてない自分史を振り返って暗澹たる気持ちになってくるが、事実だからしょうがない。

ルーズソックスを持っていないわけではなかった。自分で買ってみたことがある。しかしどうだろう、ルーズソックスというものはただ履いてくしゅっとたるませるだけでは全く様にならない。あくまでトータルコーディネートの一部でしかないのだ。スカートは短くしなくちゃならないし、髪型もきちんとキューティクルを整えてできれば茶髪にし、ヘアドライヤーでブローしないといけない。さらに短くしたスカートとくしゅっとしたルーズソックスに見合う脚でなければならない。

黒くて太い髪を低めに一つか二つ縛りにした髪型。ウェストを折って気持ち短くしただけの形がいびつなスカート。そこにルーズソックスを履いただけでは、いつも以上にクソダサい女子高生になるだけ。それに気付いたとき、イケてる女子のたゆまぬ努力に私は感服した。ただルーズソックスを履くだけではだめなのだ。それから私はイケてる女子に師事し、努力……はしなかった。おしゃれを頑張るのは大変そうだった。決まったことをやれば点数に反映される勉強のほうがまだ楽のように思えた。そうしてクソダサいまま高校を卒業した。時代はコギャルだとか女子高生ブーム真っ盛りのように見えた。同じ年代のはずの彼女たちはとても遠い存在だったし、テレビの中の都会はきっとそうなんだろうと思うことでルーズソックスも捨てた。

そんなことを、映画SUNNYのサイトを見て思い出した。

篠原涼子の高校時代を広瀬すずが演じていて、地味でおどおどした感じの女子高生のカットがあったので親近感を覚えかけたが違うカットでは笑顔でルーズソックスを履きこなしていたのでそっと閉じた。

使われている音楽はきっと好きだ。聴けば懐かしく感じるし、多分どれも口ずさめるほど思い出もある。それならYouTubeで懐かしい曲を片っ端から再生リストに突っ込めばいい。

そこまで考えて、音楽の凄さを思い知る。音楽は聴く人を選ばない。

コギャルじゃなくても安室ちゃんを聴ける。チンピラやムキムキじゃなくても長渕剛に感動するし、悪そうな奴が友達にいなくてもHIPHOPに身を委ねることができる。ファッションや環境にとらわれずにどんな音楽を聴いてもいいし、楽しめる。ライブでは若干浮くかもしれないけど、周りの属性や格好を気にする人なんてそんなに多くない。

安室ちゃんが引退する前の最後のインタビューで言っていた。

「これから私たちはどうやって日常を過ごしていったらいいですか」というファンの質問に、安室ちゃんはこう答えた。

「いろんな音楽を聴いてほしい。私の音楽だけではなくて、いろんな音楽を。そして、音楽をもっと好きになってください」と。

書いてて泣きそう。安室ちゃんすげえ。そう、音楽ってすごい。垣根がない。なんというか、安室ちゃんありがとう。SUNNYはそのうちアマプラに追加されたら見てみようと思う。

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」Original Sound Track

「SUNNY 強い気持ち・強い愛」Original Sound Track