夫が出会い系で浮気してたけどどうでもいいや

子あり四十路女。若い女の子に目がない夫と冷めた生活を継続中。

この世はこんなにつらいから

酒を飲まないとやってられない。

 

アル中への道をひた走っている。

ほぼ毎晩飲む。

酎ハイ350mlを1缶。

しかし最近はアルコール度数が高いよねー。

ふつうに「7%」とか書いてあるから、ふつうに飲んじゃうよね、7%。

これだけアル中になりやすい環境ってのも日本ならではなのかい。

外国に行ったことも住んだことも行く予定もないからわかんない。

このままここで何十年か生きて、死ぬんだと思う。

わたしの生きてきた意味って、なんだったんだろうね、なんて考えたらおしまい。

だって意味なんてないでしょう。

ただ生まれてきて、死ぬ。それだけのことだよ。

現世を少しでも味わえたらいいんじゃないのかな。

愛とか幸せとか、味わえたのかな。少しでも。

思い出すと苦しくなるけど、確かにあの頃は輝いていたな。

こんなに好きになる人はもう現れないと思った。相思相愛だったのは一瞬のことでも、幸せだった。だけど相手がしたことも自分がしたことも許せなくなって、訣別した。あれを乗り越えるべきだったんじゃないだろうか私は。そうしたらもうちょっと愛について向き合える人生だったのかな。だけど相手にそれを強要するのもおかしな話。

 

常に酔っぱらって生きていけたらラクなのにな。

頭がふわふわして、余計なことは考えなくて、先のこともわからない。ただ音楽を聴いていい気分になるだけ。

 

わたしは秘密がないと苦しくなる。

今も家族に秘密を持っている。

それは酒を飲むことにほかならない。夫や子供がいないあいだに酒を飲む。うわ、立派なアル中じゃん。

そして大音量で「ゴーストバスターズ」を流して踊り狂うのだ。変な教団の変な儀式みたいに。そんな姿だれにも見せられないし、その秘密がわたしという人間を保っている。

秘密がない人ってすごいな。きっと大きな人なんだろう。

わたしはどうでもいいことを「秘密」という部屋に鍵かけて閉じ込めることで、なにか一癖あるような人間になったつもりでいるだけだもの。

なんにもないゆえに、くだらない秘密をつくって大事にしてるの。

だけど自分で死ぬのはばかばかしいと思う。だっていらん迷惑をかけるでしょう。周りの人があとで余計に苦しむんじゃないかな。あのときああしてあげればもしかしたら、とか、絶対にその人のせいなんかではないのに一生背負っていっちゃうよね。

一時期はわたしも自殺にとりつかれたけどね、なんかもういくとこまでいっちゃえばいいじゃんって気分になってる。だって死ねなかったし。首吊り失敗してERの人たちのお手を煩わせて、ぴんぴん生きてアル中になりかけてるって、これでまた自殺はかって失敗しちゃったら本当にちょっと、、、、ねぇ、、、って感じ。だったら最初に●んどけよ!って周りの誰もが思うよね。それに今は子供もいるので、彼の一生のウツの種になるわけにはいかないので、それは生きていたもそうなるかもしれないけども、生きているかぎり笑いあえる瞬間もあるわけで、しんじゃったら取返しもやり直しもできないので、みっともないまま生きる。